トップバズのペナルティーについて

トップバズに動画を投稿していると、「急に再生単価を下げられてしまった」などということがままあります。
実は、YouTubeと同様に、トップバズにもペナルティーという物があります。
これは、運営やユーザーに悪影響を与えそうな行為が見付かった場合に課される物です。

トップバズでの代表的なペナルティーとしては、「再生単価の低下」が挙げられます。
「今まで順調に稼いでいたのに、急に報酬が下がった」「計算したところ、単価を下げられていた」という感じです。
この他、「展示回数の低下」「アカウントの凍結」「アカウントBAN(加えて報酬無効)」といった物が挙げられます。

では、次にペナルティーの仕組みについて見ていきましょう。
トップバズのペナルティー判定の仕方ですが、「AIによる自動判定」「運営による手動判定」と想定されます。
両者のうち、大半が自動判定です。
もちろん、このようなことを運営が公開しているわけではありませんが、「オリジナルの動画や、どう見ても健全な動画を投稿しているのに審査落ちしたり、再生数が増えてきたところで突然審査落ちするようになった」「異議申し立てをしたところ、運営のミスで審査落ちになっていた」ということが多々あるので、ペナルティーの大部分は自動判定であると考えられます。
もちろん、どう見ても問題のある動画については、手動判定で凍結もしくはBANとなるでしょう。

そして、このシステムを前提とすると、「トップバズでは理不尽なペナルティーを受けるおそれがある」ということです。
それを踏まえたうえで、投稿しなければいけないということです。
上述のように、オリジナルの動画であっても審査落ちすることはあります。
AIの精度は上がってきてはいますが、YouTubeと同様に「なぜこの動画が落とされるのか」といった事は起こりうるので、動画を作り込んだうえで投稿している人は、挫けることなく続けていただきたいと思います。

では、仕組みを理解したところで、「ペナルティーを受ける理由」を見ていきましょう。
結論からいうと、「動画の内容が規約違反である」「動画のクオリティーが低い」に大別されます。
前者については、「性的なコンテンツ」「暴力的なコンテンツ」など、後者については「内容が短すぎる」「テキストしかない」などが挙げられます。
これらは当然のことといえますが、気が付かないうちにルール違反してしまっていることも多いので、逆にいうとルールに則ってコンテンツを作っていけば、強いアカウントを育てられるということです。