YOUTUBERのテクニックとは?

グーグルアドセンスは規約が厳格なですので、アカウント凍結されないよう、細心の用心をはらう不可欠があります。有料チャンネルは、特にニコニコ動画で発達中。不労所得にはなりませんが、月額課金制にする事で安定的な収入を見込む事ができます。有料チャンネルの開設は色々な要件があり、未経験者には敷居が高いです。ですのではじめは、グーグルアドセンスやクリエイター奨励プログラムを使って利益化していくのが、推奨となります。動画が評価される事で次第に認知されていき、有料チャンネルの製作もできるとなります。動画に別Webページへのリンクを貼って稼ぐメソッドは、ユーチューバーというよりも、オンライン産業専業の人が使用するテクニックです。ただ動画をあげればいいというわけではなく、オンライン産業の知識や自身の専門領域も必須になります。

グーグルアドセンスによる収入だけでは非パフォーマンス的ですので、動画を閲覧者に見せたあと、外部リンクによって自らのWebページやメルマガに誘導。そんな訳で利益化する、というメソッドです。ニコニコ動画では別Webページのリンクが貼れず、アドレスを貼っても文字になってしまいますので、用心します。いっぽうユーチューブでは、アノテーションやカードといった、動画内面にリンクをもりこむパフォーマンスが発達しており、外部リンクとの連携に困る事はないのです。うまく稼ぐ人は、前述のグーグルアドセンスよりも、こちらの外部メディアへの誘導による稼ぎ方で、成果をあげています。

こうしてブログ・メルマガ・ユーチューブという感じに、自身のメディアを分散させておく事で、どれかひとつが駄目になったケースのリスクヘッジ(保険)にする事もできます。水準を満たすまで動画が補修され、大注目になると、雑誌掲載や書籍執筆などのオファーもきます。動画投稿という特性上、音楽・ダンス・美容といった分類ものびやすいですので、前述のジャスティン・ビーバー氏の例にもあるように、芸能人になるチャンスにも恵まれます。1分間で喋れる文字数は、300〜350文字程度が限度と言われています。動画情報は、その旧来の文字情報と対比すると、約4500倍の情報量です。映像や音声がある事で、会話で解説する手間がはぶけますので、そうしたニュアンスでは動画コンテンツはパフォーマンス的です。

加えて動画マーケットは他メディアと対比してブルーオーシャン、要するに競合が少ないという事も、よく言われます。無料ブログサービス投稿同じく、各動画配信Webページでも、動画の公開設定ができます。ベースは「公開・限定公開・非公開」の3種があります。動画仕上げ後、はじめは非公開であげておき、すり合わせをおこなったあとに公開、というのがベースです。限定公開は、YouTubeのケースであれば、URLを知っている人だけがアクセス可能な動画です。メルマガ読者や自身のアイテムを買った人に限定で見せるなど、創意工夫して使っていきます。